MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

不定愁訴の原因(3) 南森町・増田歯科

前回の続きですtulip

□噛み方の癖が出たり、歯ぎしりが起こる

噛む癖とは主に右側の歯で噛むか、左側の歯で噛むかということですconfident
小さい時からこの癖がつくと、顎がどちらかに曲がって成長してしまう場合もあります
癖がつく主な原因は、片側の乳歯がむし歯になって痛かったり、抜けてしまって歯がない状態がつづくことですcatface
大人にも同じことが言えます。
片方だけで噛んでいると、当然、顎関節症になったり、口腔周囲筋がアンバランスになったり、頸椎などにも大きな影響がきて、体の不調につながっていますtyphoon
また、歯並びが悪いことや、口腔周囲筋のバランスの悪さは、「歯ぎしり」の原因にもなります。
歯ぎしりが続くと、歯は異常にすり合わさって削れていき、かなり変形した形になりますthink
治療として、寝るときに装着するポールスプリントの使用によって一時的に軽くすることは可能ですが、根本的に治すには、矯正治療で噛み合わせを本来の位置に戻す必要があります。

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日