MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約
採用サイト
採用サイト

BLOG 医院ブログ

口腔の異常が肩こりや腰痛をもたらす 南森町・増田歯科矯正歯科

口腔の異常が全身に起こす「ゆがみ」「ひずみ」が、一番目に見える形として現れやすいのが肩こりや腰痛ですcatface
口腔に異常があると、顎(特に下顎)の動きが制限され、その結果、顎の周囲の筋肉や神経に悪影響を及ぼして、ひどくなるとそれが頸椎のゆがみまで進展しますsweat01
それが、首こりや肩こり、さらに腰痛と結びつきますtulip

しかし、なんといってもこれらの症状の最大の原因は、口腔から取り込む「酸素の量が、基本的に少なくなる」ことだと、思いますbell
酸素は血液に溶け込んで体全体をめぐっているのですが、その量、速度が均等に体のすみずみまで行き渡ることが理想ですflair

ところが、口腔に異常があると、酸素の取り込みが悪いために、筋肉に行き渡るべき酸素の絶対量が口腔の健全な人より少なくなりますsweat01
酸素を十分送給されない筋肉には、こりの原因である乳酸がたまりやすくなり、筋肉がこったり、疲労しやすくなったりするのですsweat01

かつて肩こりや腰痛は、ある程度年齢の高い人の症状でしたweep
年を取ると自然に歯が抜けたり、治療した歯が多くなったり、奥歯などがすり減って噛み合わせが深くなったり、いわゆる老化によって、自然のなりゆきの不正咬合が口腔内で生じておる状態ですsad
したがって酸素の取り込みが不足して、肩こりや腰痛が引き起こされるのですthunder

ところが、最近では若い人にも、肩こりや腰痛を訴える人が良く見られますshine
四十肩、五十肩という俗称はよく知られていますが、最近では三十肩、二十肩といえるような症状を持つ人も実際よく見られますeye
もっと年齢が下がって、肩がこっている小学生も多いといいますsweat01
これは生まれてから舌の筋肉のつかない生活をした人で、酸素不足に陥っていることの動かしがたい証拠ですconfident

このようなことは、指しゃぶりをさせ、かたいゴム製のおしゃぶりを吸わせ、ガムを噛ませ、舌の筋肉を鍛えることが昔よりはるかに少なくなった環境にあると思いますsnow
肩こりや腰痛に悩まされる年代がどんどん早まることは驚かされますが、反面、早く気づいて矯正治療を始めれば治りも早いですchick

SUPERVISING DENTIST 監修歯科医師

医療法人健誠会 増田歯科・矯正歯科
理事長・院長 増田智基

院長略歴

1978年 大阪生まれ、大阪育ち B型
2003年 大阪歯科大学卒業
在学中はヨット部主将を経験
2003年 医療法人 徳真会にて勤務
分院長を5年間歴任
2010年 増田歯科医院 継承
2015年 増田歯科・矯正歯科 開院
2020年 医療法人健誠会 法人化 開院

所属学会など

国際口腔インプラント学会 認定医
日本成人矯正学会
日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医
日本一般臨床矯正研究会
SJCD
日本咬合育成学会
COKI(古希の会)
GPO
インビザラインプラチナプロバイダー

受講セミナー

日本一般臨床床矯正研究会
(4日間コース、フィニッシングコース、
アドバンスコース、3Dコース)
GPO矯正レギュラーコース、アドバンスコース
顎顔面矯正セミナー
咬合育成コース(小児)
CDTC
筒井塾咬合療法コース
OSIインプラントアドバンスコース
修練会診断ベーシックコース
名古屋歯周補綴コース
など
診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日