MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

不定愁訴の原因(1) 南森町増田歯科・矯正歯科

舌小帯の未吸収と沈下舌についてお話ししますchick

生まれてから舌のための正常な運動がしっかりなされていないと、舌の筋肉が未発達になり、舌本来の機能が妨げられますsweat01
また、自然吸収されるべき、舌の裏側にある舌小帯(舌と下顎をつないでいるひものような筋肉)が吸収されずに緊張したまま残ってしまうことが多いですflair

以前はあかちゃんが乳首にとりつきやすいようにという目的で、生まれた時に舌小帯を切っていましたが、今では自然吸収を見込んであまり切らなくなったようですwink

最近の30代以降の若い人には、この舌小帯が緊張して短い人が非常に多くなりましたsweat01
これは、生まれてから小さい時に唾液の分泌やそれを飲み込む動作が少なくて舌の筋肉がつかず舌小帯が自然吸収されないまま成長した結果ですthunder
この舌小帯の緊張や短縮があると、舌は常に下方に引っ張られ、下顎の歯列が作るU字形のアーチの中に常に沈没した沈下舌となり舌を持ち上げたり、「べー」と舌を前に出すことも困難ですcoldsweats02

上顎に舌が届かないのは舌小帯が緊張しているせいです。
こういう状態では、日常生活の中で常に酸素不足の状態ですwobbly

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日