MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約
採用サイト
採用サイト

BLOG 医院ブログ

赤ちゃん→幼児へのお口の発達

最初はドロドロの液体食からはじまる離乳食。

それが2・3才となると

かなり沢山のものが食べられるようになりますよね!

赤ちゃん期から幼児期にかけて

・歯

・舌

・口唇

が発達していくからなんです!!

離乳食も成長過程がわかると

ふむふむ、今はこの時期なのねー!!!

とおもしろく??なるかも★

 

①口唇で食べる時期

(およそ5~6ヶ月頃※個人差有り)

多くの方が離乳食をはじめるこの頃は歯がまだ生えておらず

赤ちゃんは口唇を使って食べていきます

舌は前後にしか動かず

唇を閉じることで飲み込んでいきます。

 

②舌で食べる時期

(およそ7~8ヶ月頃※個人差有り)

前歯が生え始め、離乳食は豆腐くらいの固さになります。

舌が上下に動くようになり、

舌で食べ物を上顎に押し当ててすり潰して食べます。

上下の唇がしっかりと閉まるようになります。

 

➂歯茎でたべる時期

(およそ9~11ヶ月頃※個人差有り)

上下の前歯が生えそろう頃で、

バナナくらいの固さのものが食べられるようになります。

舌は上下だけでなく左右にも動ようになり、

食べ物を舌で左右に寄せて歯茎で噛んで食べます。

上下に唇がねじれ、

歯茎でそしゃくする側に口角が縮むことが出来ます。

 

④かじりとって食べる時期

(およそ1~2歳頃※個人差有り)

奥歯が生えそろう時期です。

前歯でかじりとり、奥歯で咀嚼(そしゃくしはじめます。

食べる姿勢など

不正咬合につながる悪習癖に気をつける時期です。

 

⑤歯で食べる時期

(およそ2~3才※個人差有り)

全ての乳歯がかみあう頃です。

しかし、噛む力はまだ大人の1/5程度です。

大きなものもかじり取り、

左右どちらにも顎を動かし咀嚼します。

(参考:愛知県歯科医師会「0歳児からの摂食・嚥下指導」)

 

今日も食べなかった・・

等々、うつうつとする離乳食期ですが

あ、舌が上下に動くようになった!

口角が動くようになった!

と見ていくとちょっと楽しいかも?しれません!!

 

赤ちゃん・幼児のお口について

不安なことや知りたいことがあれば

ぜひお気軽に歯科医院にお尋ねください!!

 

↓↓0才からの赤ちゃん歯科↓↓

↓↓キッズルーム完備★オムツ替えも安心↓↓

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

 

SUPERVISING DENTIST 監修歯科医師

医療法人健誠会 増田歯科・矯正歯科
理事長・院長 増田智基

院長略歴

1978年 大阪生まれ、大阪育ち B型
2003年 大阪歯科大学卒業
在学中はヨット部主将を経験
2003年 医療法人 徳真会にて勤務
分院長を5年間歴任
2010年 増田歯科医院 継承
2015年 増田歯科・矯正歯科 開院
2020年 医療法人健誠会 法人化 開院

所属学会など

国際口腔インプラント学会 認定医
日本成人矯正学会
日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医
日本一般臨床矯正研究会
SJCD
日本咬合育成学会
COKI(古希の会)
GPO
インビザラインプラチナプロバイダー

受講セミナー

日本一般臨床床矯正研究会
(4日間コース、フィニッシングコース、
アドバンスコース、3Dコース)
GPO矯正レギュラーコース、アドバンスコース
顎顔面矯正セミナー
咬合育成コース(小児)
CDTC
筒井塾咬合療法コース
OSIインプラントアドバンスコース
修練会診断ベーシックコース
名古屋歯周補綴コース
など
診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日