MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

赤ちゃん→幼児へのお口の発達

最初はドロドロの液体食からはじまる離乳食。

それが2・3才となると

かなり沢山のものが食べられるようになりますよね!

赤ちゃん期から幼児期にかけて

・歯

・舌

・口唇

が発達していくからなんです!!

離乳食も成長過程がわかると

ふむふむ、今はこの時期なのねー!!!

とおもしろく??なるかも★

 

①口唇で食べる時期

(およそ5~6ヶ月頃※個人差有り)

多くの方が離乳食をはじめるこの頃は歯がまだ生えておらず

赤ちゃんは口唇を使って食べていきます

舌は前後にしか動かず

唇を閉じることで飲み込んでいきます。

 

②舌で食べる時期

(およそ7~8ヶ月頃※個人差有り)

前歯が生え始め、離乳食は豆腐くらいの固さになります。

舌が上下に動くようになり、

舌で食べ物を上顎に押し当ててすり潰して食べます。

上下の唇がしっかりと閉まるようになります。

 

➂歯茎でたべる時期

(およそ9~11ヶ月頃※個人差有り)

上下の前歯が生えそろう頃で、

バナナくらいの固さのものが食べられるようになります。

舌は上下だけでなく左右にも動ようになり、

食べ物を舌で左右に寄せて歯茎で噛んで食べます。

上下に唇がねじれ、

歯茎でそしゃくする側に口角が縮むことが出来ます。

 

④かじりとって食べる時期

(およそ1~2歳頃※個人差有り)

奥歯が生えそろう時期です。

前歯でかじりとり、奥歯で咀嚼(そしゃくしはじめます。

食べる姿勢など

不正咬合につながる悪習癖に気をつける時期です。

 

⑤歯で食べる時期

(およそ2~3才※個人差有り)

全ての乳歯がかみあう頃です。

しかし、噛む力はまだ大人の1/5程度です。

大きなものもかじり取り、

左右どちらにも顎を動かし咀嚼します。

(参考:愛知県歯科医師会「0歳児からの摂食・嚥下指導」)

 

今日も食べなかった・・

等々、うつうつとする離乳食期ですが

あ、舌が上下に動くようになった!

口角が動くようになった!

と見ていくとちょっと楽しいかも?しれません!!

 

赤ちゃん・幼児のお口について

不安なことや知りたいことがあれば

ぜひお気軽に歯科医院にお尋ねください!!

 

↓↓0才からの赤ちゃん歯科↓↓

↓↓キッズルーム完備★オムツ替えも安心↓↓

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

 

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日