MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

歯医者のレントゲン撮影って何のため??

歯科医院でレントゲン撮影をしたことはありますか?

「何となく身体に良くなさそう・・」

「お金も高いし、何のためにしているのかわからない」

と不安に思われる方も・・!

でも歯科治療におけるレントゲン撮影

とってもとっても重要なのです!!

 

<レントゲン撮影で何がわかるの??>

レントゲン写真(X線写真)では

・歯のまわりの骨の状態

・歯の生え方

・むし歯の状態

・神経の先の状態

・かぶせものの下の状態

など目視で見えない部分を観察することができます!

 

<身体に悪くないの??>

歯科治療のX線撮影での被ばく量は

・パノラマ撮影1回 0.03ミリシーベルト

・デンタル撮影1枚 0.01ミリシーベルトで

例えば飛行機で東京・ニューヨーク間を

1往復飛行した場合に浴びる0.2ミリシーベルトよりも

少ない数値となっています。

 

<「パノラマ撮影」と「デンタル撮影」って?>

・パノラマ撮影

顔の下半分を断面のように切ったX線写真です。

(パノラマトモグラフィー)

関節や顎の骨も含め口腔内全体を大まかに観察できます。

 

・デンタル撮影

2~4本程度の歯が写る範囲だけを写す

小さな口内法X線です。

歯の細部を観察するのに適しています。

 

歯は大部分が歯茎や骨に埋まっています。

どんなに名医でも!目視だけでは内部のことはわかりません。

治療にX線撮影はとても重要なのです!

(※妊娠中・妊娠の可能性のある方は必ずお申し出ください)

 

かかりつけの歯科医院では

過去のX線も保管されており、現在の状況と比べることができます。

また引っ越しなどでかかりつけ医を変更する場合、

過去のX線写真を持参されると治療のヒントになる場合もあります。

 

何となく不安・・

というお気持ちも含めて

レントゲン撮影についてわからないことがあれば

ぜひ歯科医院にお気軽にお尋ねください!!

↓↓カウンセリングルーム完備↓↓

↓親切・丁寧な説明に努めています↓

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日