MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

~・マスク時代に増えている!矯正治療を知ろう・~ 悪い歯並び(不正咬合)の種類

マスクが日常となった今日。

 

治療中の口元を見られない!

 

こっそり矯正治療ができる!

 

ということで矯正治療をはじめられる大人の方が増えています。

 

矯正治療の最大の目的は不正咬合の改善です。

 

皆さんは不正咬合の種類をご存じですか?

 

「不正咬合」=問題をかかえた歯並び・かみ合わせ

 

には、代表的なもので

 

①上顎前突―じょうがくぜんとつ(出っ歯)

 

②下顎前突-かがくぜんとつ(受け口)

 

③開咬-かいこう

 

④過蓋咬合-かがいこうごう

 

⑤交叉咬合-こうさこうごう

 

⑥叢生-そうせい

 

があります!!

 

 

<1>上顎前突―じょうがくぜんとつ(出っ歯)

 

日本人の矯正治療では比較的多いケースで、

 

正常なかみ合わせより上の前歯の飛び出し具合が

 

大きいものをいいます。

 

・前歯が人よりも出ている気がする

 

・下唇を噛む癖がある

 

・猫背気味である

 

・慢性鼻炎である

 

などの項目にあてはまる場合は

 

上顎前突の可能性があります。

 

<2>下顎前突-かがくぜんとつ(受け口)

 

下あごの前歯が上の前歯より出ている状態。

 

反対咬合や受け口とも呼ばれています。

 

遺伝的な要因もあれば、

 

口呼吸などの環境的な要因もあります。

 

・上の前歯が磨きにくい

 

・下の前歯がよく見える(笑った時など)

 

・口の中がよく乾いている

 

・タ行・サ行が上手く発音できない

 

などの場合には下顎前突の疑いがあります。

 

<3>開咬

 

歯をしっかりかみ合わせているつもりなのに

 

上下の前歯の間に隙間が空いてしまう歯並びです。

 

噛める部分が少なく、

 

将来的に歯を残せる可能性が少なくなります。

 

・口の中がよく乾いている

 

・タ行・サ行が手く発音できない

 

・麺類を前歯せ嚙み切れない

 

などの場合、開咬の可能性があります。

 

<4>過剰咬合

 

正常なかみ合わせの場合、前歯が少しだけ前に出るので、

 

下の前歯を少し覆い隠します。

 

上の前歯が下の前歯を覆い隠しすぎている状態が

 

過剰咬合です。

 

・下の前歯が上顎にあたる

 

・唇が薄い

 

・唇をきつく結んだり、巻き込んだりしがち

 

であれば、過剰咬合の疑いがあります。

 

<5>交叉咬合

 

歯列の中心が上の歯と下の歯でズレている状態です。

 

例えば上の1番前歯(中切歯)と1番前歯の間の線が

 

下の1番前歯と1番前歯の間の線とズレているかみ合わせです。

 

交叉咬合は顔の表情をゆがめるなど見た目にも大きく影響します。

 

・左右どちらか一方のみで食事をしている

 

・食事の際、ほっぺたを噛んでしまうことが多い

 

・笑うとき片側の口角のみ上がりやすい

 

場合、交叉咬合が疑われます。

 

<6>叢生

 

歯が一列に並んでいない、でこぼこな状態です。

 

矯正治療の中では数の多い症状です。

 

見た目でもわかりやすく、

 

また歯が重なり合って磨きにくいので

 

磨き残しや虫歯が多いのも特徴です。

 

 

このように一言で不正咬合、「悪い歯並び」といっても様々!!

 

そして見た目だけでなく、色々な影響があることがわかります。

 

「自分の歯並びはどうかな?」「こどもの歯並びは大丈夫?」

 

と思ったらまずは歯医者さんに尋ねてみてくださいね!!!

 

(参考:時事通信社『しあわせ歯ならびのつくり方』

日本臨床矯正歯科医師会HP https://www.jpao.jp/

 

↓↓マウスピース矯正、ワイヤー矯正、どちらも対応可能↓↓

 

↓↓矯正治療中・過去に治療したスタッフも在籍♪↓↓

↓↓「矯正経験者」に何でもお尋ねくださいね↓↓

 

医療法人健誠会 増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日