MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

【急増!!口呼吸の弊害とは??】

◎急増する口呼吸の症状

 

マスク時代に診察をしていて気がついたこと・・

 

それは「口呼吸が急増えている・・!!!」

 

メンテナンスに以前から通われている患者さまに

 

・むし歯が増えた

 

・口の中が乾燥している

 

・口臭がするようになった

 

・歯石が以前より溜まっている

 

・歯が以前より黄ばんでいる

 

という症状が増えています・・!

 

これらは口呼吸が原因のひとつに考えられます。

 

口呼吸を行うと唾液の分泌が減少し

 

唾液の作用が減るためにこのような症状がおこります。

 

鼻呼吸はもともと気道抵抗が多く、

 

口呼吸よりも筋力が必要ですが

 

目の細かいマスクをするとさらに気道抵抗が高まり、

 

より楽な口呼吸をしがちになります。

 

 

◎口呼吸は歯並びや顔つきに影響も・・

 

口呼吸を日常的に行っていると舌が下方に落ちていき、

 

口周りの筋力のバランスを崩してしまいます。

 

そこ結果歯並びが乱れたり、

 

下あごが伸びて後退するなどの

 

顔つきの変化も起こることがあります。

 

 

◎口呼吸で身体にも不調が・・

 

 

口呼吸を行うと

 

鼻呼吸に比べ気道抵抗が少なく簡単に呼吸ができるので

 

呼吸が浅くなりがちです。

 

呼吸が浅くなると二酸化炭素が不足するので

 

細胞自体が酸欠を起こします。

 

ミトコンドリアや筋肉細胞に十分な酸素が届かないと

 

疲労感や集中力の低下、

 

肩こりや腰痛にもつながっていきます。

 

 

◎口呼吸を改善しよう!!!

 

どうしても口呼吸になりやすいマスク時代。

 

意識して改善する必要があります!

 

  • 舌を正しい位置に

 

舌が正しい位置にあると自然と鼻呼吸になります。

 

舌は舌先が上顎に密着しているのが正しい状態。

 

舌先が前歯の裏についているのは舌が下がっています。

 

気づいたら上にあげるようにしてください!

 

  • ガムやテープを使って口呼吸を促す

 

手軽でおススメなのはマスク着用時にガムを噛むことです。

 

自然と鼻呼吸をしやすくなります。

 

(むし歯の原因となる砂糖の入ったガムではなくキシリトールのものを!)

また就寝時に口にテープを貼り鼻呼吸を促す方法もあります。

 

  • 舌の筋トレを行う

 

舌の筋トレを行うことで舌が無意識時にも正しい位置にあり

 

鼻呼吸ができる状態となります。

 

・舌をベーと前に出す

 

・舌を出して左右に動かす

 

・唇を舌でぐるっと舐めるように動かす

参考:「病まないための細胞呼吸レッスン」(集英社)「しあわせ歯ならびのつくり方」(時事通信社)

 

 

コロナ禍において患者さまの口腔内の変化に感じています。

 

医療機関として患者さまの生活のヒントとなる

 

情報発信に努めていきたいと思っています!

 

鼻呼吸の仕方などぜひスタッフにお気軽にお尋ねください!

 

↓感染症対策を行い患者さまのご来院をお待ちしております↓

 

↓口呼吸によるむし歯・歯周病のチェックも↓

 

医療法人健誠会 増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

 

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日