MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

【歯並びにも影響!!姿勢は大丈夫?】

歯並びには

・あご

・咀嚼筋(あごの筋肉)

・舌

・唇

など様々な要素がかかわります!

そして『全身の姿勢』もそのひとつ!!

悪い姿勢は

悪い歯並びの原因になることもあります!!

 

◎なぜ悪い姿勢が歯並びを崩すの?

日々の姿勢には大きな力がかかっています。

例えば「ほおづえ」をつく動作でも、

頭の重さは体重の10%ほどもあるので(成人)

体重50キロの方で5キロという

大きな負荷がかかっているのがわかります。

一方で矯正治療において

ワイヤーやブラケットなどでかける力は

わずか100グラム程度!!

圧倒的に悪姿勢でかけている力の方が

大きくなります。

 

◎気をつけるべき悪い姿勢

歯や顎によけいな力をかけ、

歯並びを悪くする姿勢をしていないか

ぜひチェックをしてみましょう!

・ほおづえ

・うつぶせ寝

・横向き寝

・猫背

・体重を左右どちらかにかけている

・正面以外を向いて食事する
(斜め向かいにあるテレビを見るなど)

いかがでしょうか?

ぜひご家族同士、同僚同士など

皆さんでチェックしてみてください!

(本人が気づいていない癖も沢山あります!)

 

◎正しい姿勢で過ごそう!

・肩甲骨を意識し、広がった肩甲骨周りを背骨に寄せる

・あごを適度にひく

・体重を左右均等にかける
(荷物を片方で持ったり、足を組んだりしない)

・膝とつま先をまっすぐ前に向けて歩く

・まっすぐ正面を向いて寝る、食べる

まずはこれらのことから意識をしてみてください。

歯並びにかかる負荷がぐっと減ります!

(参考:「「体幹」を鍛えるとなぜいいのか? 」(PHP文庫)

「しあわせ歯ならびのつくり方」(時事通信社))

 

◎自分や家族では気がつかないことも

受付スタッフも

自身の3歳のこどもの猫背が気になっていました。

食事にはしっかりと両足をつける椅子を用意。

でも猫背。

「背中をピンとして」と言ってもよく伝わらず。

院長に見てもらったところ、

両足を開いて食事をとっていることが判明しました!

その後、

「先生に教えてもらったでしょ?

足をくっつけてご飯を食べよう」

と声をかけると自然と背筋がピンとしました!!

毎日見ているとどこが問題点なのか

気がつかないこともありますよね。

足の開きはダイニングテーブルに隠れて見えず

まさに目から鱗でした・・!!

ぜひ皆さんも他人にチェックをしてもらうと

新たな発見があるかと思います!

 

↓↓矯正治療とは?無料相談あり↓↓

↓親切・丁寧はカウンセリングを心がけています↓

医療法人健誠会

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

 

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日