MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

夏休み一緒に考えたい【お子さんの歯並び】

みなさん、こんにちは。

大阪市 南森町にある 増田歯科・矯正歯科 管理栄養士の宮本です!

夏休みも中盤にさしかかりました🍉

暑さも厳しいこの時期、どのようにお過ごしですか?

今回は、おうちにいる時間が長い今だからこそチェックしておきたい

”歯並びに影響を与える項目”についてお伝えします!

(※4歳~小学校低学年前後を対象とした内容です)


以下の項目に、気になることはありませんか?

①お口ぽかん

②耳鼻科への通院

③乳歯のすきっぱ

④口が荒れやすい

⑤姿勢が悪く、集中力が続かない

⑥片側食べ・片側寝


①お口ぽかん

当院ではたびたびお伝えしている”お口ぽかん”

具体的には、

・日常的にお口があいている

・寝ているときに口を開けているときが多い

状態のことをいいます。

お口があいていると、

”顎の骨”の成長にとって重要なお口周りの筋肉が鍛えられず、

歯が生えるスペース不足になることがあります。

 

②耳鼻科への通院

鼻炎もちで鼻呼吸がしづらいと、自然と口呼吸になります。

そのときお口はぽかんと空いた状態。

①と同じく、歯の生えるスペース不足になるリスクがあるのです。

これまで診てきたお子さんの中には、矯正治療を開始することで鼻の通りが良くなったケースも。

歯並びは病気やお持ちの症状とも関係しているんです。

 

③乳歯のすきっぱ

歯の生え変わり時期になると、乳歯の歯間があいてすきっぱのように見えることがあります。

当院にも、「歯がすきっぱだが矯正が必要なのか?」というご相談で来院される方もいらっしゃいます。

ですが実はこの場合、「むしろすき間があいていたほうが良い」ことの方が多いです。

大人の歯は子どもの歯と比較して約1.5ほどの大きさなため、乳歯の段階でキッチリ隙間なく並んでいると、生え変わりの段階で永久歯が並びきれなくなるからです。

④唇が荒れやすい

息苦しいことから、ここ2年の間に増えていないのが

”マスク下の口呼吸”です。

口呼吸は唇やお口の中の乾燥を招きます。

乾燥すると、

・唇が荒れる

・前歯に汚れが付き着色している

・口臭がする

・喉を傷めやすい

などの症状が出てきます。

中でも一番確認しやすいのが「唇の荒れ」だと思いますので

チェックしてみてください。

 

⑤姿勢が悪く、集中力が続かない

姿勢も、口呼吸を招く原因の1つです。

背中が丸まっている姿勢では、鼻より口で呼吸する方が楽なので自然と口呼吸になります。

また、呼吸も浅くなりがちなので脳に回す酸素も減り、集中力が続かなくなります。

当院で行っている小児矯正相談においても

矯正治療を早期に行うことで、正しい姿勢・集中力の継続にも繋がる

ということに驚かれる保護者の方も多くいらっしゃいます。

 

⑥片側食べ・片側寝

・いつも同じ方向ばかりで噛んでいる

・いつも右(左)を下にして寝ている

・食事中に左側(右側)にあるTVをいつもみている

・左右決まった方向に保護者がいるので、毎日そちらを向いて寝る

などは要注意です。

左右差のある癖は、お口、骨格の左右差を招きます。

歯並びや顎関節への影響は大人でももちろんありますが、

子どもはまだ骨が柔らかく、成長期にもあたるので影響大。

アンバランスな歯並びや顎変形症の原因になることも。

すでに癖になっている場合、

できるだけ左右均等になるようトレーニングが必要です。

 

いかがでしょうか?

いずれにしても、お子さまの矯正治療は

適切なタイミング(時期)・適切な方法(装置の選択)

が成功のキーです!

 

もっと知りたい!という方は、当院の矯正専門サイトへ!

心配なので1度相談したい!という方はこちらから

お気軽にご相談ください☺

 

↓↓お子さまの発育・歯並びでお困りなら↓↓

大阪天満宮駅 8番出口徒歩1分!

平日19時まで診療、土曜日も診療しております。

ご来院、お待ちしております!

 

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日