MENU
06-6352-1187
WEB予約
WEB予約

BLOG 医院ブログ

不正咬合の原因は?? 増田歯科・矯正歯科

歯並びや噛み合わせの土台となる顎は、成長過程のいつどこで正常になったり異常になったりすると思いますか?eye

それは舌の筋肉の発育と関係すると言われていますchick

それも特に、出生から10歳くらいまでの間ですdog
これはちょうど歯が生えてくる前から、永久歯に生え変わるまでくらいの時期にあたりますconfident

つまり、生まれてから順調に舌の筋肉の発達が進まないと顎の発達も弱く未熟な顎には歯の生えるスペースがないのですcoldsweats02
結果的に隣同士の歯が重なり合ったりした小さな歯列になってしまうのですdespair

小さな歯列には正常な歯の本数が並びきれなくなり、ガタガタの歯並びになったりしますthink

永久歯がきちんと並んで正常に噛み合うには、舌の筋肉の発達がなければならないcatfacetulip

下の顎に生えた六歳臼歯は生えた時舌の方向に向かって生えますrun
それが舌の筋肉の発達で頬の側へ立ち上がってきますbleah
これによって上の歯が外へ誘導され、上の顎が発育しますpenguin

すなわち舌の筋肉の発達によって歯列は大きく成長しますwinkheart04

診療時間
10:00〜13:30 - -
15:00〜19:00 - -

※土曜は9:00~13:30 / 14:30~17:00
休診日:火曜・日曜・祝日